JOURNAL INDEX

LOVE TOUGH DENIM PART2 TALKING ABOUT DENIM

Shetaのスタイルを作る上で、デニムは欠かせない存在です。
ライフスタイルに寄り添うように人となりを表現してくれるデニムは、
私たちがテーマとする「QUALITY LIFE STYLE」そのもの。
だからこそShetaではトレンドを追うミーハーなデニムではなく“一生モノのデニム”を作りました。
今回のSheta JournalはそんなSheta デニムを生み出した
Shetaディレクター川島とMD関の熱い想いをお届けいたします。

Shetaの核となるデニムへの想い

関    Shetaを立ち上げる時に、まず最初にデニムが作りたいって話していたよね。

川島 ジェーン・バーキンのスタイルがいつも頭の中にあって。Tシャツにデニムにバレエシューズ、たったそれだけのシンプルなコーディネイトなのにすごく素敵。
あれってやっぱり見た目だけじゃなくて、内面まで含めたファッションだと思うんだよね。
ShetaでもTシャツとデニムだけでも存在感がある女性像を打ち出したくて、デニムは絶対に作りたかった。

関    デニムはShetaのコンセプトである「QUALITY LIFE STYLE」を形づくる、大事な要素の一つだよね。
だからこそ、最初にデニムが必要だったってことだね。

川島 そう。そして単純に、デニムが好き!

試行錯誤の末に生まれたフォルム

関    パンツが完成するまで、かなり苦労したよね。

川島 うん、何回サンプルあげたんだろうっていうくらい苦戦した。
最初はパターンも上手くいかないし、縫製も上手くいかなくって、なかなか思う形にならなかった。
そこから今のメーカーさんと工場さんが見つかって、ようやく思い通りのフォルムが出来た時には感激したね。

関    デザイン的にはかなりシンプルにまとめたね。

川島 パッチとかもつけてないし、余計なものは一切つけなかった。

関    そこがShetaらしいよね。形もベーシックだし、トレンドに左右されず長く穿けそう。

リジットデニムを育てる楽しみ

関    リジット(※注1)で買う場合のサイズ感はどうしてる?

川島 私はジャストで買うかな。伸びるものもあるけど、洗うと大体縮むし。
Shetaのリジットは洗っても裾が1~2cm上がるくらいだから、
やっぱりジャストを穿いてるかな。

関    洗い方ってどうしてる? 一度洗濯してから穿くとか、逆に洗わないとか。

川島 私は糊も付いたまま穿くし、基本は洗わない。
洗うのは夏だけで、その時も洗剤は使わずに水で手洗い。

関    糊が付いた状態で穿いてた方が、パキッとした色落ちになるんだよね。
最初はかなり硬いけど。

川島 うん、バキバキ。最初はどうしても穿き心地は良くないけど、
どんどん穿いていくことによって自分の膝の位置が出来てきて
柔らかくなっていくから、それが楽しいよね。

関    そうそう。
どういう風に膝を折り曲げているとか、
そういったところで自分だけのシルエットが出来てくる。
色落ちとかアタリ(※注2)の出方でも、その人の歴史がデニムの表情として現れ
てくるから面白いよね。
Shetaのデニムも、そんな風に経年変化を楽しんでもらえたら良いね。

渾身作のヴィンテージデニム

関    ヴィンテージ加工のパンツもいい出来だよね。

川島 かなり大満足な仕上がり。
私はもともとヴィンテージデニムが好きで、新品に加工をするのにはすごく抵抗があったんだよね。
だけど今の工場さんでかなりいいモノができるっていうから、
私の持っているヴィンテージのデニムを参考に作ってもらったの。
そしたら、サンプルが上がってビックリ! 私のヴィンテージのものと一緒に戻ってきたんだけど、
どっちか見分けがつかないくらいに再現できてた。色落ち感とかアタリとか。
リアルだったら何十年もかけて出来ていくものなのに。

関    Shetaのリジットデニムも、頻繁に洗って10年くらい穿き込めばこんな風になりそうだよね。

川島 洗い方が職人技だからまったく同じにはならないかもしれないけど、
縫製も生地も一緒だから、穿きつぶしていけばほぼこんな感じになるね。

関    「10年も待てない!」という方は、ヴィンテージの方を買って下さい(笑)。

川島 ぜひ(笑)。でも本当に最近は古着のヴィンテージデニムも少なくなってきていて、
探しても全然出会えないから、このデニムを通してヴィンテージの楽しさを知ってもらえたら嬉しいな。

一生デニム宣言!それこそが「QUALITY LIFE STYLE」

関    これから歳を重ねていく中でさ、50歳60歳になってもこういうパンツを穿いていたらカッコイイよね。

川島 そう、私は絶対、一生デニムを穿ける人でいたいなって思う。
そのためには、ちゃんと自分磨きを続けていないといけない。パンツって体のラインが丸分かりだから。

関    デニムをキレイに穿くためにも、体型維持には気をつける。
それも「QUALITY LIFE STYLE」の一環かな。

川島 「QUALITY LIFE STYLE」には、
自分の好きなものに囲まれながら日常を楽しむっていう意味も込めているからね。
好きなご飯、好きな場所、そして好きな服。
お気に入りの服を着ているとその日1日が楽しくなるように、
丁寧に毎日を生きながら素敵な大人になっていきたいよね。

皆様もShetaのデニムを“一生モノのデニム”に育てていただけたら嬉しいです!

3月9日~Shetaルミネ池袋店にてデニムフェア開催中です。
定番のデニム商品から新作デニム商品までフルラインナップでご用意しております。
皆様のご来店心よりお待ちしております。

  • 注1 未洗い糊付きの未加工デニムのこと。
  • 注2 ジーンズの色落ちした部分のこと。
JOURNAL INDEX