JOURNAL INDEX

DENIM STYLE

DENIM + PLUS

どんなスタイルにもしっかりとはまる大定番のデニム。
でも色が抜けて、少し鮮やかなブルーになってきたデニムのコーディネートには少し気を遺う。
そんな時に参考にしたい4人の絶妙なスタイリングを紹介させて頂きます。
第一回目は、Shetaでもお世話になっているスタイリストの森川さんのスタイリング。

No.1

Bootscut vintage denim pants 22,800yen
―Shetaのデニムを購入した理由を教えてください。
ちょうど、フレアタイプでセンタープレスのデニムが欲しいと思っていました。
Usedで探していたのですが、なかなかサイズが見つからないところに、レングスも色落ち具合もピッタリのものが現れ、即決で購入しました。
―BOOTS CUT DENIM PANTSの履き心地はいかがですか?
また、どういうスタイリングで着用することが多いですか。
私は太もものサイズに合うサイジングで購入しました。
足に負担がなく、デニムも柔らかいので履き心地は抜群です!
とにかくシルエットがきれいなので、シンプルにTシャツに合わせる事が多いです。
―秋冬にも引き続きこのデニムパンツを履くなら、
トップスや靴はどういったものをあわせたいですか?
ベージュ系のニットで大人っぽく、ソフィア・コッポラの映画に出てきそうな格好がしたいですね。ブーツカットなので、そこに茶系のブーツを合せたりして。
―普段森川さんが服を購入するときの基準・ポイントを教えてください。
愛せるか。愛せないか。です。
―どうもありがとうございました!

森川雅代 Masayo Morikawa

スタイリスト。
2004年、スタイリスト伊賀大介に師事し、2008年より独立。
ShetaのLOOKBOOKスタイリングを担当。

JOURNAL INDEX