JOURNAL INDEX

SOUND of SUMMER

いつの間にか梅雨がきて、もう夏というような気温になってきましたね。今回はそんな初夏に聴きたい最近のバンドを紹介させて頂きたいと思います。

DIIV - Is The Is Are [2016 Captured Tracks]

DIIV - Is The Is Are
[2016 Captured Tracks]

イヴサンローランのキャンペーンのモデルやファッションショーのモデルとしても活動するZachary Cole Smithによるプロジェクトのセカンドアルバム。疾走感がありつつも浮遊感のあるギターサウンドが心地良い。それなのになにか熱いものを感じさせるアルバムになっています。かんかん照りの日も、雨の日も、どちらにもはまるどことなく漂うけだるさも魅力です。是非この夏のお供に。

The Aquadolls - Stoked On You [2014 Burger Records]

The Aquadolls - Stoked On You
[2014 Burger Records]

アメリカ西海岸を存分に感じさせてくれる女の子バンド。こういう映像見せられるとどうしてもカリフォルニアに行ってみたくなりますよね。特にこの「Wander」という曲は、とにかく湿度が低くて爽やかで青春みたいな、完璧な夏ソングだと思います。もう少しゆったりした「Our Love Will Always Remain」も青春の甘酸っぱさ全開で良いです。歌や演奏の上手い下手なんてあまり関係ない、それを超えるなにかを感じられることの方がずっと素晴らしいと思います。

Kevin Morby - Singing Saw [2016 Dead Oceans]

Kevin Morby - Singing Saw
[2016 Dead Oceans]

同じアメリカでもこちらは土っぽい感じです。でもこの乾いた感じが夏向きな感じなのです。フォークやカントリーミュージックの影響を感じさせながらも、野暮ったさと格好良さの絶妙なラインの上に立っているような感じが、個人的にとても好きな人です。これは是非このアルバムを通して聴いてみて欲しいです。彼はWoodsというバンドのベーシストだったので、もし興味があればWoodsも聴いてみてください。

Chris Cohen - As If Apart [2016 Captured Tracks]

Chris Cohen - As If Apart
[2016 Captured Tracks]

昔、Sonic Youthのビデオに出演したこともあるというChris Cohenのセカンドアルバム。プログレッシブロックのフィーリングをもったメロディアスで少し変わった印象のサウンドが好きです。どこか玄人っぽいなと思ったら、彼は1975年生まれ。なんとなく納得しつつ親近感を覚えました。好きなことやってる姿が励みにもなります。

PART1

PART2
JOURNAL INDEX